SSブログ
前の10件 | -

トップページ

2007年度聖霊中学校高等学校のブログです。

 本校のブログ初年度は、オーストラリア海外研修参加生徒の保護者の皆さまに、現地の様子を現地からほぼリアルタイムで報告することを目的として開設しました。かつて現地訪問の際に、現地メルボルンで永住する旧友と何十年ぶりかでの再会を果たし、彼の話の中からヒントを得て、ブログ開設に至りました。
 事前の学習や予備情報提供、お楽しみクイズなどから、秋の現地校来日の際も学校での様子などをお知らせしてきました。
本文内のリンクは当時のままですので、リンク先が消滅していることもあり得ます。
また、一定期間で自動的に広告リンクが表示されます。その都度修正しますが、ご了承下さい。  
 

   


Blog本1.jpgBlog本2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

最終回 (Blog移転)

公式Blogの公開について、校内で相談をしてきましたが、
本Blog「Coffee Break」をこの記事で終了とし、新たなBlog(公開)へ移行することと致しました。
長らくご愛読いただきまして、有り難うございました。

今後については、以下のように取り扱う予定です。

1.本Blogを今回の記事をもって終了し、新たな記事の記入をしない。

2.これまでの記事の閲覧、コメントの書き込みは可能な状態のまま、しばらくは現状を保持する。

3.本Blogの全内容(動画部分をのぞく)を製本化し、紙媒体でも保存する。
  (関係の方々へ紹介する予定です)

4.今後の記事のUPは、公開される公式Blogへおこなう予定です。
 新BlogのURLは、 http://holyspirit.blog.so-net.ne.jp です。
 新規運用のための紹介文をUPしました。

5.本校ホームページにて上記のURLを公開(リンク)します。

6.上記、移行に関してのご意見、ご助言は本Blogのコメントで受け付けます。

以上、宜しくお願いします。
nice!(0)  コメント(2) 

学校にとってのBlog

ちょうど1年前、保護者の方々から、
「今の保護者はネット世代ですから、学校広報でのウェブサイト活用をもっと重視すべきです」
「Blogをはじめてはどうですか」というアドバイスをいただきました。
そこで、私にとってもBlog運用は初仕事でしたが、昨年5月に海外研修参加者の保護者を中心とした方々へ、
限定公開というかたちでこのBlogをスタートさせました。
当初、姉妹校の来日までと思っておりましたが、
「先生、最近書き込みがないねぇ」のお言葉に発憤し、
「先生、私まだ続けてみてますよ」のお言葉に勇気づけられ、ここまで運用してきました。
ほぼ1年間、ここまで書いてきた記事が108件、今日現在で8079件のアクセスをいただきました。

また、3月になって、学校に1つのFaxが迷い込んできました。
関東の学校相手の事業を展開されている企業からのものですが、
「学校ホームページの『差』が、明らかに入試後の歩留まりの『差』につながっている」
要するに学校のホームページの構築次第で、志願者(併願者)の定着率が上がってくる、と言うことなのです。
『やっぱりかつてアドバイスされたとおりなんだ』ということで、連絡を取ってみました。
早速本校に来てくれて、「歩留まりを上げるためのwebsite構築6つの方法」という情報をいただきました。
(私の予測通り、「弊社の宣伝」もしっかりされていかれました・・・・・)

この際、紹介しましょう!!(解りやすい表現にアレンジさせていただきました)
①ホームページ入口からの導線が、解りやすく、迷わず、読み手の目的のページに到達できるか。
②受験を決意し、入学へ意志決定させうるまでの全ての情報が網羅されているか。
③イベントとの相乗効果が発揮できる内容になっているか。
  ②③の具体例として、大学サイトランキングによると
   総合評価No1が中央大学、使いやすさNo1が静岡理工科大学、情報開示先進度No1が立命館大学・・・だそうです。
④モバイル対応になっているか。
⑤運用について十分な体制がとられているか。(アクセス解析、更新頻度、生の声の収集など)
⑥SEO・ネガティブ情報への対応
  SEO=検索エンジン最適化、検索サイトでの順位を上げる仕掛け?有害情報を排除する目的もあるそうです。
担当者は本校HPもしっかり見てまして、「⑤更新頻度」「⑥検索上の順位」を評価していただきました。
「あえて言わせていただくとすると・・・①をもう少し工夫されてみるといいですよ」ということでした。

さらに、最近のマーケティング状況では、
「検索→購買で終わらずに、
消費者同士のBlogなどでのコミュニケーション、情報の共有、価値や評価が検索に強力に連結してきている」
と、消費者の購買行動の構造が大変化を遂げていると言うことです。
もちろん本校では「消費者」ではなく「保護者」と言うことになるのでしょう。

HPやBlogを運用されている方々、本校HPをごらんいただいている方々、上記の内容どう感じられるでしょうか?

新たに公開の形で公式Blogの運用開始を検討してみようかとも思い始めました。
パンフレットやホームページを補うことが主たる目的となるでしょう。
しかし、記事のUPが精一杯で、コミュニケーションまではちょっと・・・と感じてます。
自分にとっても難しいような話を長々と書き綴ってしまいました。

読者の皆さん!!
この記事をお読みいただいてのご意見、このBlogや本校のHP本体についてのご感想などを、
下の「コメント」へお寄せ下さい。
よろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(1) 

いよいよ海外研修募集開始

現地校のH先生からコメントをいただきました。
(ひとつ前の記事のコメント欄です)
姉妹校からは27名の生徒と4名の教員で来日されることが決まったようです。

本校でも、海外研修参加者の募集が始まりました。
引率教員も決定し、要項で紹介されております。
日程に余裕が無く、今月中には選考試験を実施します。
しっかり募集要項を読んでいただき、英語力と社交力とを考えて申し込んでください。
A.I.による英語インタビュー、日本語の面接、英語の筆記試験などで選考されます。

夏休み中の3週間ほどの旅程です。
7月25日出発、2週間の学校体験、ホームステイ、シドニー観光、8月12日の帰国
活発な部活動の部員、校外の習い事を進めている生徒などは保護者や担任の先生とよく相談してください。
nice!(0)  コメント(0) 

新学期スタート

本校では始業式が先行し、その翌日を入学式としております。
始業式では今年度着任された先生方の紹介がありました。
自己紹介もそれぞれ個性的で、生徒達の反応もさまざまでした。

本校の入学式は中高合同の入学式です。
卒業式では「光の奉献」でしたが、入学式では「光の分かち合い」となります。
実際はあまり違わないのですが・・・
今年度着任された新しい校長先生は、始業式や入学式だけでなく、
教員の歓迎会や保護者への挨拶などでも、
新しい校長としての自己紹介を含め、それぞれ趣の違ったお話を準備されておりました。
新入生に向けてのメッセージの一部を紹介します。

『これからのことを思うと、私自身ふるえるほどの喜びを感じます。
感動の多い人生ほどすばらしいものです。
みなさんも感動の多い学校生活を過ごしてください。』

教員は年度の区切りで「リセット」してしまい、(悪い意味も含めて)
緊張感とともに、新たな出会いで新鮮な思いを味わうことが出来ます。
毎年始業式ではクラス分けで大騒ぎになりますが、
一方で、微妙な心理に陥る生徒も少なくないと思います。
良い出会いがあり、充実した1年のスタートであって欲しいと思います。

nice!(0)  コメント(1) 

4月1日

新しい年度が始まりました。今年度も宜しくお願いいたします。

一般企業や公官庁同様、例年どおり今日4月1日に、学園規模の「辞令交付式」がおこなわれました。
本校でも4人の新任教員が辞令を受けましたが、やはり、フレッシュマンを見てますと、羨ましい限りです。
ここ数年、毎年のように定年退職者が続きますので、
確実に世代交代が進んでおります。また以前は、私の年齢が職場の平均年齢でしたが、
現在では、45才くらいになってきました。
前年度退職された校長先生が、最後の職員会議で私達に、
「変えるべきでない事は変えない、変えるべき事は大胆に変えましょう」と語られました。
新しい先生方には、本校の歴史や伝統をしっかり学んでいただきながら、
尚かつ、新しい息吹を積極的に吹き込んでいただけることを期待しております。


話題は変わりますが・・・「しょこたん」というテレビやネット上で有名な女優をご存じでしょうか?
「ギザ、かわゆす!」・・・なんのことだか解らない言葉を使いこなす人物です。
この女優さんが、何ヶ月か前に自ら運営するBlogについて「10億アクセス突破!!」とか言ってました。
もし、Blog上で広告を張っているとすると、それだけでも大変な事になります。
ケタは遙かに違いますが、このBlogも、昨年5月に開始して、何と7800アクセスを越えました。
広告は貼ってませんからその点のメリットはありませんが、
近年の「学校」としてのネット運用の重要性を感じております。

これまで、個人的で、しかも限定的な公開での運用で続けてきましたが、
新しい年度を迎えて、本Blogをどのように運営するのか、
学校としての観点から検討する必要があるように思います。

nice!(0)  コメント(0) 

新入生

この地域の公立高校の合格発表が終了し、本校の高校入学者数も確定しました。
他の高校だけの私立高校では、この時期にならないと生徒数、クラス数が確定せず、
もし、予定数と大きく異なる生徒数となると、対応に大忙しとなる頃です。

本校では、高校段階からの入学枠は50~60名と、狭き門なのですが、
受験者数もそれほど多くなく、むしろ毎年、綱渡りの入試ですし、
合格発表後も手続者のカウントする「びくびく」の日々が続きます。

幸い、新年度の入学者は予測した人数との誤差が何と1名で、期待通りの入学者を迎えることになりました。
これで、中学と合わせて新年度新入生が確定し、大きな「穴」を空けることなく、
ほぼ定員通りでスタートできます。
保護者に皆さんや卒業生の皆さんのご支援・ご協力にも感謝したいと思います。

オーストラリア姉妹校では、入試そのものは実施されていないようですが、
この5・6年で着実に生徒数が増えてきてます。
最近では、希望しても入学できない生徒が、100人とか200人とかにもなるような、地域での人気校です。
本校でも今後の志願者がさらに増えてくれるよう、またこの1年頑張りたいと思っております。
nice!(0)  コメント(0) 

欧州文化交流コンサート旅行

21日に本校の聖歌隊中3以上の学年46名がドイツ・オーストリアなどを中心に、ヨーロッパツアーに出発しました。
私の記憶によると、4年ごとに企画されるツアーで、所属している期間中に1回は経験できるように計画されております。
一部生徒はホームステイを経験したり、全員がドイツの子どもたちとともに観光する計画もあります。
しかしなんといっても、23日のイースター(復活祭)の日の教会での合唱、
現地の子どもたちとの合同のコンサート、などが中心となるツアーです。
8泊10日のツアーで参加費用も高額になりますが、オーケストラ部のツアー同様、
保護者・生徒の期待の大きいツアーでもあります。
nice!(0)  コメント(2) 

自転車チャリティーツアー(2)

現地校のH先生の了解をいただいて、メッセージを紹介させていただきます。

3月14日
2時間前に、アデレードーメルボルン自転車チャリティーツアーから帰ってきました。
私は、2週間の真ん中の5日間だけ行ってきました。
毎日38-41度の中を自転車でひたすらメルボルンを目指す姿と、
24時間テレビが自分の中で重なって、一人で「さらい」を心の中で歌っていました。
今現在メルボルンから200kmの辺りにいます。本当に暑さとの戦いです。(写真を添付しますのでご覧下さい)
私も昨日と今日50kmぐらいはしりました、しんどかったです。


3月17日
今日は、41度あります。
激励ありがとうございます。
実は、彼女たちを残して、仕事の関係上、メルボルンに戻ってきました。
あさって 本校に到着予定です。
盛り上がると思います。


nice!(0)  コメント(0) 

自転車チャリティーツアー

現地校のH先生から画像が届きました。
やはりチャリティーの企画へ参加されてのことのようです。
見るからに、正真正銘のオーストラリアという風景ですね。
日本のように「つづらおり」の峠道はないでしょうが、Up&Downはきつそうですね。

Adelaide Melbourne Bike Ride 2008 088.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます